Compliance

コンプライアンス規定

第1条(本規程の目的)

当社の「企業理念」及び「行動指針」に基いて、諸法令及び社内諸規程等を遵守するとともに、ビジネスマナーを守り、社会規範に沿った責任ある行動をとることにより、コンプライアンスの徹底と当社の社会的信用の向上を図ることを目的とする。

第2条(コンプライアンス委員会の設置)

当社は常設の機関としてコンプライアンス委員会を設置する。
委員長は代表取締役CEO井上博紀が務める。

第3条(適用対象者)

この規程は、日本動物特殊診断株式会社の全役職員(任期付社員、パート社員、及びその他、当社業務従業者を含む)に適用される。

第4条(行動規範)

当社の全役職員は、以下に基づき行動することとする。

(1)お客様に対して

法令および契約を遵守するとともに、お客様のニーズを尊重し、お客様に満足いただける各種サービスの提供をするよう努めること。
サービスの提供及びアフターサービスについては、お客様に対し、各サービスに関する情報提供を適切かつ迅速に行うとともに、お客様のご要望、ご相談に誠実、迅速かつ的確にお応えすること。

(2)従業員に対して

当社の就業規則に基づき、個人の基本的人権と多様な価値観、個性、プライバシーを尊重し、人種、宗教、性別、国籍、身体障害、年齢等に関する差別的言動、暴力行為、ハラスメント、いじめ等の人格を無視する行為を行わない。
自らの責任権限に基づき適正に業務を遂行する。また、能力向上のために自己研鑽に努める。
良識を兼ね備えた、自立した社会人としての責任をもって行動するよう努める。
創造的、効率的かつ安全で快適な職場環境を実現するよう努める。
清潔な職場環境を維持し、労働災害の防止に努める。また、自らの健康づくりに努める。

(3)情報の取扱いに対して

当社の秘密情報は厳重に管理し、これを第三者に漏洩しない。
また、当社の業務目的以外のために、これらの情報を使用しない。
第三者から開示を受けた秘密情報も会社情報と同様に取り扱う。
他人の営業秘密の不正取得や使用など不正競争を行わない。
情報セキュリティ基本方針の活動を継続的に実施し、新しい脅威にも対応が出来るような管理体制を確立すると共に、情報セキュリティ基本方針は常に見直しを行い、継続的改善に努める。
そのほか、個人情報の取り扱いについては当社の個人情報保護方針に従い適切かつ慎重に取り扱う。

第5条(その他の禁止事項)

  1. 法令、公序良俗に違反すること。
  2. 他の職員等に対し、法令、公序良俗に違反する行為を指示または教唆すること。
  3. 他の職員等の法令、公序良俗に違反する行為を黙認すること。
  4. 反社会的勢力との関係を持つこと、また取引行為をおこなうこと。
  5. 汚職や収賄の行為。

第6条(通報の義務)

全役職員は他の従業員が前条に違反する行為(以下、コンプライアンス違反行為という)を行っていることを知ったときは、速やかにコンプライアンス委員会に通報しなければならない。

第7条(懲戒処分等)

当社はコンプライアンス規程に違反した役職員に対し、社内諸規程に基づき懲戒処分等をすることができる。
また法令違反を行った役員に対しては厳正な処分を課すものとする。

第8条(事前相談)

全役職員は、コンフライアンス違反行為又はその恐れがあると疑われる場合はあらかじめコンフライアンス委員会に相談しなければならない。

第9条(実施)

この規程は、令和3年 2月25日より実施する。